経鼻胃内視鏡検査について

経鼻胃内視鏡検査とは?

検査の心得

経鼻胃内視鏡は5㎜前後の太さがあります。鼻腔通過時に痛みがありますが、普通に呼吸はできます。リラックスして医師、看護婦の指示に従ってください。

体内を観察する際、空気を送って胃を膨らませますので、お腹が少し張ったりゲップが出ることがありますが、心配はございません。

検査の手順

当院では、胃内の泡や粘膜を除去する薬を飲んでいただいてから経鼻胃内視鏡検査を行います。

検査方法は次の①・②からお選びいただきます。

  1. ①軽い安定剤を使用し、比較的苦痛が少ない状態で行う方法(検査後1~2時間程度休んで頂きます)
     なお、当日はお車の運転は控えて頂きますのでご了承下さい。
  2. ②多少の苦痛は残りますが、目が覚めた状態で行う方法

検査時間は通常約10分程度ですが、次の処置を行うときは時間がかかることもございます。
(1)食道や胃粘膜の微細な変化を観察するため安全な色素液を散布し調べることがあります。
※あとで尿や便に色が付いたり、胸やけが残ることがありますが心配ありません。
(2)眼で見ただけでは診断を決めかねるときは、胃粘膜から細胞を採取(生検)し組織検査を行います。
※痛くはないですが2mm程の小さい傷ができます。すぐに治ります、2~3日は刺激物を避けてください。
(3)場合によっては内視鏡的に治療(止血術など)を実施することがあります。

 

来院のご注意

  • 当日は必ず保険証をご持参ください。
  • 検査の前に軽い安定剤と鎮痛剤を使用します。検査終了後も多少の影響は残りますので、検査を受けられる方が自動車、バイク、自転車を運転して来られるのはお避けください。
  • なるべくゆったりとした服装でおこしください。濃い口紅はご遠慮ください。

次のような方は、必ず受付の際にお申し出ください。

  • 心疾患、緑内障、前立腺肥大、アレルギー体質、肝炎、のどが痛い方。
  • 胃の手術を受けられた方。人工透析中の方。
  • 血液が固まらないようにする薬(ワーファリンなど)を服用している方。
  • 以前に内視鏡検査を受けたとき、嘔吐反射が強かった方。

大切な検査です。正しい診断ができるように、次のことを必ず守ってください。

検査の前日

ご夕食は午後10時までにお済ませください。それ以後は何も食べないでください。水、お茶程度の水分は取っていただいてもかまいません。

固いものや脂肪の多いものを控えて、消化の良い軽い食事をお取りください。海藻類(ワカメなど)、アルコール類もお控えください。

普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものようにお飲みください。

検査の当日

ご朝食は絶対にお取りにならないでください。

お薬も服用しないでください。糖尿病でインスリンを注射しておられる方は、インスリンを注射しないでください。

牛乳、ジュース類、日本茶、紅茶、コーヒーなどはお飲みにならないでください。

湯呑み茶わん1杯程度の水か白湯でしたら、お飲みいただいてもかまいません。

検査の後

のどの麻酔薬がとれるまでは30分くらいは食事をしないでください。当日は刺激の少ない消化の良い食事をしてください。

胃を膨らませるために送った空気が腸に残るので、「お腹が張った感じ」「鈍い痛み」があるかもしれません。体を動かしているうちにガス(オナラ)がでれば治ります。

ひどい痛みを感じたり、黒い便が出たりしたときには、ご連絡をいただくかご来院ください。

その他、検査後の注意事項は医師、看護婦から当日ご説明いたします。組織検査の結果等でお分かりにならないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

広島パークビル内科に戻る

検診クリニック

  • 人間ドック
  • 協会けんぽ
  • がん検診
  • 一般健康診断
  • ストレス健診
内科のご案内はこちら

広島パークビル内科

内科のご案内はこちら